Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

理研を装ったマルウェア添付メールに注意 - スパコン「京」のイベント招待を偽装

理化学研究所計算科学研究機構は、8月下旬より同組織を装ったマルウェアメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

今回確認されたメールは、イタリアパヴィーア大学で開催される共催イベントの招待を装った手口。プログラムの詳細を確認したり、参加登録のためなどと説明して、添付ファイルを参照させる内容だった。

添付されているファイルはWord形式で、誤って開くとマルウェアへ感染。海外のサーバへ接続し、PC内部の情報が不正に送信されるおそれがある。

同研究所では、ファイルを添付したメールは送信していないとし、誤って開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か