Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリ情報サイトが身元確認など不正アプリ防止対策を実施

Androidアプリの情報サイト「アンドロイダー」は、不正アプリ防止対策に配慮したアプリ情報サイトを10月1日より展開する。

あらたな取り組みとして、身元確認を行った開発者のアプリのみを提供する公認デベロッパー制度を独自に展開。登録の際、個人の場合は身分証明書の提出と電話または郵送による本人確認を実施。法人に対しても、電話または郵送による確認を行うという。

また公認デベロッパーにより開発されたアプリに対しても、ウイルスチェックやパーミッションチェックを行うほか、サイト登録者の推薦などを公開の条件にするという。

(Security NEXT - 2012/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Androidアプリのセキュアコーディングガイドに新版 - JSSEC
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性