Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwC、サイバー攻撃への耐性強化サービス - セキュリティ戦略の立案からシステム構築まで支援

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、サイバー攻撃に対する耐性を強化するサービスを提供開始した。企業のセキュリティ管理能力の総合的な向上を支援する。

同サービスは、組織の規模や必要性に応じて、セキュリティ水準の向上に向けた戦略の立案、システムの導入、脆弱な部分の修正などをサポート。また既存対策の実効性や網羅性について第三者評価を行うなどコンサルティングサービスを提供する。

具体的には、セキュリティ対策における中長期的なロードマップの作成や既存ロードマップの評価、不備事項に関するアドバイスの提供。海外進出やM&Aなど事業規模拡大にあわせたセキュリティ管理組織の構築や再編、セキュリティポリシーの策定などを支援。

またアイデンティティ管理や情報漏洩対策の構築などシステム実装に関する現状分析、要件定義およびプロジェクト実行支援などのコンサルティングのほか、従業員に対する情報セキュリティ教育や啓発のサポート、セキュリティ監査、脆弱性診断、デジタルフォレンジックなど提供する。

(Security NEXT - 2012/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
メール誤送信対策製品のテレワーク用ライセンスを無償提供 - 富士通SSL