Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookファンページの投稿にも注意を - 偽アプリに誘導する手口

Facebook上で参加者同志がコミュニケーションを取れる「ファンページ」を通じ、Android向け不正アプリを拡散させようとする手口が確認された。趣味を同じくするファンの「口コミ投稿」に見せかけた悪質な攻撃に注意するよう専門家が警告している。

トレンドマイクロが、愛犬家のファンページ上に行われた不正な投稿を確認したもの。投稿では「わんこアプリ発見」などと親しみを込めたメッセージでリンクを紹介し、拡散を試みていた。

同社がリンク先URLを確認したところ、愛犬家とまったく関連がないものの、Androidユーザーの興味を引こうとした「電池長持ち」という偽アプリだった。誤ってインストールして起動すると、アドレス帳の情報を不正に取得され、外部に送信される。

同社では、問題のアプリをセキュリティ対策ソフトで「ANDROIDOS_FAKEBATTSAVE.A」として検知するよう対応。ファンページ参加者からメッセージに警戒心が薄れ、思わずクリックしてしまう可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
Android向け「AWS SDK」に脆弱性 - アップデートを
「Zoom Rooms」のクライアントに複数脆弱性 - アップデートで修正
「LINE」のKeep機能に不具合 - 特定条件下で別アカウントより閲覧可能に
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加