Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」で「Flash Player 11.3」利用時に不具合 - クラッシュのおそれ

Mozillaは、Windows版のFirefoxにおいて、6月8日に公開された「Adobe Flash Player 11.3」を利用した場合に、不具合が発生する可能性があることを明らかにした。

Adobe Systemsでは、6月8日に「Adobe Flash Player」の最新版を公開し、脆弱性7件を修正。新機能として、Firefox向けに「保護モード」を搭載したが、同機能が原因とみられる不具合の報告が寄せられているという。

Firefox向けの「保護モード」は、Windows Vista以降において悪意のあるSWFファイルを開いた際、攻撃の影響を緩和する機能。Windows版の「同11.3.300.257」に搭載されたが、「Flash Playerプラグイン」のクラッシュ、動画を再生できない、日本語を入力できないなど複数の問題が発生している。

現時点で、Adobe Systemsより修正バージョンは提供されておらず、MozillaとAdobeでは協力して調査を進めている。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - セキュリティアップデートが公開
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Chrome 76」のセキュリティ修正は43件 - シークレットモード検出対策やFlash無効化なども
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
macOSにゼロデイ攻撃しかけるマルウェア見つかる
6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正