Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、サーバ向けウイルス対策製品を発売

HDEは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus X」を販売開始した。

同製品は、「Red Hat Enterprise Linux 6.2」「CentOS 6.2」などに対応したサーバ向けウイルス対策ソフト。ラインナップとして、ディスク書き込み時にウイルス検知をリアルタイムに行う「同Realtime Scan」と、スケジュールスキャンを行う「同for Server」を提供する。

価格は、「同Realtime Scan」が9万2400円。「同for Server」が3万6750円。アカデミック版、ガバメント版を用意しているほか、ボリュームディスカウントも行う。同社では、今後リリースされる予定の「Red Hat Enterprise Linux 6.3」に関しても対応する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス