Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、サーバ向けウイルス対策製品を発売

HDEは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus X」を販売開始した。

同製品は、「Red Hat Enterprise Linux 6.2」「CentOS 6.2」などに対応したサーバ向けウイルス対策ソフト。ラインナップとして、ディスク書き込み時にウイルス検知をリアルタイムに行う「同Realtime Scan」と、スケジュールスキャンを行う「同for Server」を提供する。

価格は、「同Realtime Scan」が9万2400円。「同for Server」が3万6750円。アカデミック版、ガバメント版を用意しているほか、ボリュームディスカウントも行う。同社では、今後リリースされる予定の「Red Hat Enterprise Linux 6.3」に関しても対応する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら