Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2400枚以上のATMレシートが路上へ散乱 - 広島信金

広島信用金庫は、廃棄予定のATMレシートが路上に散乱し、個人情報が流出した可能性があると発表した。

散乱したのは、利用者が持ち帰らなかった取引情報が記載されているATMのレシート。業務委託先が5月16日に同金庫より回収したが、ごみ収集車より落下し、袋が破れてレシートが道路上に散乱した。同日21時ごろに通行人より通報があり、問題が発覚。同金庫では、職員が当日深夜や翌朝に周辺を探し、2449枚を回収したという。

同金庫では、回収したレシートより対象となる14カ所のATMを特定。振込やキャッシング、振替など個人情報が記載されたレシートを調べたところ、持ち帰った利用者も含め2万7284件であることが判明。関連する顧客に対して郵便や訪問により連絡を取り、謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局