Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2400枚以上のATMレシートが路上へ散乱 - 広島信金

広島信用金庫は、廃棄予定のATMレシートが路上に散乱し、個人情報が流出した可能性があると発表した。

散乱したのは、利用者が持ち帰らなかった取引情報が記載されているATMのレシート。業務委託先が5月16日に同金庫より回収したが、ごみ収集車より落下し、袋が破れてレシートが道路上に散乱した。同日21時ごろに通行人より通報があり、問題が発覚。同金庫では、職員が当日深夜や翌朝に周辺を探し、2449枚を回収したという。

同金庫では、回収したレシートより対象となる14カ所のATMを特定。振込やキャッシング、振替など個人情報が記載されたレシートを調べたところ、持ち帰った利用者も含め2万7284件であることが判明。関連する顧客に対して郵便や訪問により連絡を取り、謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生