Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績情報記載の紙を再利用、一部判読可能に - 横浜市立中

横浜市立緑が丘中学校において、卒業生の成績などが記載された進路指導用資料を再利用し、生徒に配布していたことがわかった。マスキング処理を実施したが、一部判読可能な状態だったという。

再利用された資料は、氏名、クラス、出席番号のほか、9教科の5段階評定、欠席や遅刻の回数などが記載されていたもので、2011年度に卒業した生徒189人の個人情報が含まれる。

2011年12月に当時進路指導を担当していた教諭が、1枚に5人分の情報を印刷した資料10セット計380枚作成して職員に配布。使用後に回収し、文字を重ねて印刷する「マスキング」処理を行い、再使用するために印刷室に置いていていたという。

その後、ほかの教師2人が陸上競技会の案内や数学のプリントなどに使用し、一部情報が読み取れる部分があることが、生徒や保護者からの指摘で判明。同校ではすべて回収し、対象となる卒業生の家庭訪問を行って報告と謝罪をした。

(Security NEXT - 2012/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
送信した表計算ファイルの非表示部分に無関係の個人情報 - 朝日新聞
中学校で個人情報記載の裏紙を再利用、給食費未納一覧も - 大阪市
過去のメールを再利用、引用からメアド流出 - 茨城県
カウンセラーが学生カウンセリング時のメモを紛失 - 帝京平成大
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
メール送信先リストを誤ってメールへ添付 - マウスコンピューター