Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県

佐賀県は、ふるさと寄付金交付団体へ送信したメールにおいて、送付先のメールアドレスをメール本文に記載するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、4月11日にふるさと寄付金交付団体93団体へメールを送信した際、メール本文に送信先のメールアドレスが記載された状態だったという。

以前送信したメールを再利用し、メール本文中に記載されたメールアドレスを消去せず送信してしまったという。

同県では、誤送信したメールはすべて削除されたことを確認した。

(Security NEXT - 2024/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市