Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県

佐賀県の県立高校で生徒に配布した計算用紙に、テストの答案用紙が混入していたことがわかった。

同県によれば、計算用紙として再利用した裏紙28枚に、採点済みの答案用紙5枚が含まれていたもの。10月末に廊下に置いてあった計算用紙を持ち帰って利用していた生徒から、11月11日に報告があり問題が発覚した。

同校では、生徒が計算用紙などに利用できるよう、個人情報の有無を確認した上で、不要となった教材用プリントなどの裏紙を紐で綴り、廊下で配布していたが、小テストを行った教諭が、返却時に不在だった5人分の答案用紙を誤ってほかの教材プリントと一緒に計算用紙として置いてしまったという。

同校では件教育委員会に報告。全クラスで生徒に謝罪するとともに計算用紙を回収し、個人情報が記載された用紙に気がついた場合は、情報の提供と個人情報の拡散防止を求めた。生徒と保護者に対し、経緯を説明して謝罪する書面を送付している。

(Security NEXT - 2021/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
患者に開示した文書に第三者の個人情報 - 姫路赤十字病院
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
コロナ関連通知書の裏面に別人情報、誤って両面印刷 - 船橋市
県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府