Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash脆弱性に対する標的型攻撃、発生からすでに1週間以上が経過 - 軍需産業狙い

シマンテックは、5月4日にセキュリティアップデートが公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に関し、すでに1週間以上前から標的型攻撃を確認していることを明らかにした。

アップデートで修正された「CVE-2012-0779」は、リモートでコードが実行される可能性がある脆弱性。標的型攻撃は、細工したファイルをメールで送り付ける手口で、シマンテックでは1週間以上前から攻撃を把握しており、軍需産業関連の製造業を対象にしていたという。

メールの件名は、「新兵器」や「企業買収」「軍事演習」「問い合わせへの回答」などを装った内容で、文面は英文だった。添付ファイルを開くと、中国や韓国、米国でホストされている悪質なFlashファイルへアクセス。脆弱性を悪用し、元ファイルからマルウェアをインストールするという。

今回確認された標的型攻撃で影響を受ける環境は、「Windows」の「Internet Explorer」のみ。ただし、脆弱性はMacやLinux、Androidにも含まれる。シマンテックはファイルが多数出回っているとして、できるだけ早く最新版へ更新するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック