Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash脆弱性に対する標的型攻撃、発生からすでに1週間以上が経過 - 軍需産業狙い

シマンテックは、5月4日にセキュリティアップデートが公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に関し、すでに1週間以上前から標的型攻撃を確認していることを明らかにした。

アップデートで修正された「CVE-2012-0779」は、リモートでコードが実行される可能性がある脆弱性。標的型攻撃は、細工したファイルをメールで送り付ける手口で、シマンテックでは1週間以上前から攻撃を把握しており、軍需産業関連の製造業を対象にしていたという。

メールの件名は、「新兵器」や「企業買収」「軍事演習」「問い合わせへの回答」などを装った内容で、文面は英文だった。添付ファイルを開くと、中国や韓国、米国でホストされている悪質なFlashファイルへアクセス。脆弱性を悪用し、元ファイルからマルウェアをインストールするという。

今回確認された標的型攻撃で影響を受ける環境は、「Windows」の「Internet Explorer」のみ。ただし、脆弱性はMacやLinux、Androidにも含まれる。シマンテックはファイルが多数出回っているとして、できるだけ早く最新版へ更新するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec