Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイテク関係の警察安全相談は前年比約9%増となる8万1302件 - 5年間で約1.2倍に

警察庁は、2011年の警察安全相談の取り扱い状況について取りまとめた。取扱件数は146万1049件で前年から6万2060件増加した。

そのうち「不正アクセス」や「ネットオークション」「名誉棄損」などハイテク関連の相談件数は、全体の5.6%にあたる8万1302件。前年の7万4663件から6639件の増加となった。

過去5年間を推移を見ると、2009年から2010年にかけて約5000件の減少が見られたが、それ以外はおおむね増加傾向で、2007年の6万7666件から5年間で約1.2倍へと上昇している。

(Security NEXT - 2012/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準