Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、マルウェア「Flashback」を削除する「Java for OS X 2012-003」を公開 - 「Javaアプレット」自動実行も無効化

Appleは、Mac OS XにおけるJavaの脆弱性を悪用するマルウェア「Flashback」の発生を受け、同マルウェアの削除機能を追加した「Java for OS X 2012-003」を公開した。ソフトウェア・アップデートより適用できる。

同アップデートを利用することにより、「Flashback」の一般的な亜種を削除することが可能。同プログラムは「Java 1.6.0_31」を内包しており、Javaに関する他アップデートより優先して適用される。

さらにアップデートには「Javaアプレット」の自動実行を無効にする「Java Webプラグイン」を追加。ユーザーは、必要に応じて「Java環境設定アプリケーション」で自動実行を再度有効にすることもできるが、長期間アプレットが実行されないと再度無効にするという。

Appleでは、JavaをインストールしているすべてのMacに適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
macOSにアップデート、「sudo」の脆弱性など解消
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 84」が登場 - 深刻な脆弱性など14件を修正
Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意
Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正