Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5店舗で本人確認書類3124件の紛失が判明 - 近畿大阪銀

近畿大阪銀行は、5店舗において顧客の本人確認に関連する書類3124件が所在不明になっていることを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、顧客の氏名、住所、生年月日などが記載された本人確認記録書と添付された本人確認資料。不正利用などは確認されていないという。

同行では、そのうち長尾支店と放出支店の1146件について誤廃棄を確認。また恵我之荘出張所、旧和歌山支店、千里山出張所の1978件に関しても、外部へ持ち出す書類ではないとして、誤って廃棄した可能性が高く、外部流出のおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2012/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀