Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FC会員情報含むUSBメモリを撮影会場で紛失 - 新日本プロレス

新日本プロレスリングは、ファンクラブ会員の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。USBメモリのデータは暗号化されているという。

同社によれば、4月22日に後楽園ホール大会でファンクラブ会員限定の撮影会について準備を進めていた際、USBメモリを紛失していることが判明したもの。

問題のUSBメモリには、退会者を含め、会員3万2775人分の氏名、会員番号、性別、生年月日、年齢、会員種別、会員期限が保存されていた。同USBメモリには、暗号化によるセキュリティ対策を講じており、二次被害などは確認されていない。

探索したが発見できず、同社では警察へ届けるとともに、個人情報保護委員会と、プライバシーマーク審査機関である放送セキュリティセンター(SARC)に報告した。あわせて連絡先を把握している対象者に対して書面で連絡を取り、謝罪している。

同社では撮影会の際、会員証による本人確認を行っており、認証端末のデータを最新の状態へ更新するためUSBメモリに保存されたデータを使用していた。

当面、ファンクラブの撮影会では、会員証や有料入場券、身分証による本人確認を実施する方針。今後はUSBメモリを使用しないあらたな認証システムへの移行を検討していく。

(Security NEXT - 2024/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom