Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざんサイトの94%がドライブバイダウンロード攻撃 - セキュアブレイン調査

セキュアブレインは、同社が1月に検知した不正サイトの状況を取りまとめた。減少傾向傾向が続いてきたが、1月は前月から増加した。

1月に「危険」と判定されたサイトは、前月比530件増となる3182件。2011年8月をピークに減少傾向が続いていたが増加に転じ、3000件を超えたのは3カ月ぶり。利用数に対する不正サイトが検出された割合についても、前月の6.8%から7.1%へと増加している。

具体的に見ると、「ワンクリック詐欺」サイトが前月の1421件から1841件に目立った増加を見せた。このほか、「不正プログラム」を配布するサイトが152件から243件に、「不正攻撃」を行うサイトが314件から463件に増加している。

1月は改ざんサイトの傾向が大きく変化した。前月の111件から69件へと減少したが、そのうち65件がドライブバイダウンロード攻撃で、これまで3割前後で推移していた割合が94.2%へ上昇している。改ざんされたサイトの内訳は、個人サイトが50.7%、企業サイトが42%だった。

(Security NEXT - 2012/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
3Qの脆弱性届け出、ウェブサイト関連が増加
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少
クラウド利用に約6割が不安、アクセス権限の誤設定を2割弱が経験
Pマーク事業者の個人情報関連事故報告、前年度の約2.3倍に
2Qの脆弱性届け出、ソフトとウェブともに減少
2Qのインシデント件数、前四半期比6%減 - 「スキャン」半減
地方金融機関の7割、セキュリティリスクを評価できる人材が不足
1Qの脆弱性届け出 - ソフトとウェブサイトのいずれも増加