Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSの類似ドメインを利用した「なりすましメール」が発生 - whois情報も偽装

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、同協会のドメインと酷似したドメインを利用し、同協会を装った不審メールが送付されているとして、注意を呼びかけている。

なりすましに利用されていたドメインは「accsjp.net」。問題のドメインは、2012年2月に入って国内のレジストラを通じて取得されており、登録者情報には同協会の住所や電話番号などが登録されているが、同協会以外の第三者が取得したものだという。

同協会ではメールの内容を確認するとともに、レジストラと今後の対応について検討を進めている。またウェブサイトを通じて、問題のドメインを利用したなりすましメールに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
富士フイルム装う偽メールに注意 - 心当たりない注文で不安煽る
MS、2023年1月の月例セキュリティパッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
食料農業分野がメール詐欺の標的に - 粗悪な食品が出回るおそれも
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
MS、2022年最後の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消