Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むATMジャーナルを子会社が誤廃棄 - 南日本銀

南日本銀行は、ATMの取引情報が記録されたジャーナルを、業務を委託している子会社の南日本総合ビジネスが誤って廃棄したことを明らかにした。

誤廃棄したのは、三船病院出張所に設置しているATMの取引情報を記録したジャーナル用紙。2011年11月1日から同月21日までの175件の取引情報が記載されており、顧客96件の氏名、口座番号、銀行コード、取引金額、残高などが含まれる。

ATMや委託先に設置されたビデオカメラの映像から、処理業者によって処分したことを確認。今回の誤廃棄による情報流出の可能性はないとしている。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

睡眠預金関連の帳票2692件を紛失、2支店で - 関西みらい銀
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
顧客情報含む書類を移送中に誤廃棄 - みちのく銀
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀