Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特許庁の端末3台がウイルス感染 - 特許未公開情報の流出は否定

特許庁の一部端末がウイルスに感染していたことがわかった。特許出願に関する未公開情報の流出は、確認されていないという。

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)の指摘を受け、同庁内の端末約4000台について調査したところ、2月4日に3台の端末がウイルスへ感染していることが判明したもの。

感染していたウイルスには、新種のトロイの木馬も含まれているが、今回の感染により特許出願に関連する未公開情報の外部流出などは確認されていないとしている。

同庁では2月5日に駆除を実施。引き続き監視を実施するほか、関係機関と協力してセキュリティ対策を強化する。

(Security NEXT - 2012/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
香川県のサイトが一時閲覧不能に - DDoS攻撃か
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調