Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導

仙台や宮城地域の博物館情報を配信するウェブサイト「見験楽学」が、不正アクセスにより一時改ざんされた。すでに復旧している。

同サイトを運営する仙台・宮城ミュージアムアライアンス(SMMA)事務局によれば、2021年12月19日5時20分から21日13時半にかけてウェブサイトを改ざんされたもの。

改ざん期間中にサイトを閲覧すると、外部の不正サイトへ誘導されたり、「ウイルスに感染しています」といった偽警告が表示される状態だった。

改ざんされたサイトを閲覧しただけでマルウェアに感染するおそれはないとしているが、期間中にウェブサイトを閲覧した場合は、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性