Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策は自動車にたとえると「シートベルト」と同じ - 官房長官

藤村修官房長官は、2月の情報セキュリティ月間を迎えるにあたり、あらためて国民にセキュリティ対策を呼びかけた。

長官は31日の定例記者会見で、2011年よりサイバー攻撃が表面化するなど情報セキュリティ上の懸念が高まっているとし、政府としてしっかり対策を取っていく必要があるが、国民1人ひとりが認識を深め、適切に対応して行くことが不可欠であると指摘した。

長官は、情報セキュリティ対策を自動車のシートベルトにたとえ、「パソコンやスマートフォンを使うときに忘れてはならないもの」として、セキュリティ対策ソフトの導入、ソフトの更新、適切なパスワードの利用など対策を呼びかけた。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも