Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアヴェイル、ネットワーク接続だけでサーバ監視できる機器をレンタル

セキュアヴェイルは、クラウド型セキュリティ運用監視サービスを手軽に利用できる専用機器のレンタルサービスを2月1日より開始する。

同サービスは、クラウド型セキュリティ運用監視サービス「NetStare for SaaS」向けの専用機器をレンタルにて提供するもの。同機器には監視モジュールが含まれており、ネットワークへ接続するだけですぐに監視を開始できる。

アラート機能や過去レポートによる予測、ウェブの改ざん検知などの機能を利用することが可能。またウェブポータルより監視状況を確認できる。

監視サービスの月額料金は4万5000円で、5ノードまで監視できる。機器の月額利用料は9800円。

同社では、2月1日から3月31日までサービス月額基本料金を無料とし、機器のレンタル料金のみで提供するキャンペーンを展開する。期間中に申し込めば以降、同様の料金で利用できる。

(Security NEXT - 2012/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS