Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイントのセキュリティゲートウェイがAWSに対応 - 2ステップで導入可能

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社のセキュリティゲートウェイが「Amazon Web Services(AWS)」に対応したと発表した。

「Amazon Web Services」において「Check Point Virtual Appliance」を提供するもので、「ファイアウォール」や「IPS」「フィルタリング」「アプリケーションコントロール」「DLP」など必要に応じてセキュリティ機能を導入し、クラウド環境保護することができる。

利用にあたっては、「AWS」で「Check Point Virtual Appliance」をクリックし、機能ごとに用意された「Software Blade」を有効にすることにより導入できる。またログやレポートは、ローカル環境との統合管理に対応している。

「Software Blade」は同社パートナーを通じて販売するとしており、既存製品と同様のライセンス価格にて提供する。

(Security NEXT - 2012/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス