Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本とASEAN諸国で情報セキュリティ対策の啓発活動を展開

第4回日・ASEAN情報セキュリティ政策会議が、11月21日、22日にマレーシアのクアラルンプールで開催された。日本と参加10カ国は連携や取り組みの強化を確認し、共同で情報セキュリティ対策の啓発活動に取り組むことで合意した。

今回の会議では、「地域経済の連結性の強化」や「産業競争力の向上」における情報セキュリティの重要性を確認。引き続き国際的な連携を強化していくことをあらためて確認した。

情報セキュリティに関する意識啓発を共同で推進することで一致し、日本からはASEAN諸国へ、教材を提供など協力していく。

また2012年から共通したロゴやスローガン「BeAware,Secure,and Vigilant」をもとに、取り組みを推進。啓発を目的としたウェブサイトを開設するほか、2012年10月に共同で意識啓発活動を実施することで合意した。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
IMや通話機能を備える「Cisco Jabber for Windows」に深刻な脆弱性
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市