Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内のセキュリティポリシー遵守、約6割が他人事 - 独Avira調べ

企業の従業員の約6割は、組織が定めるセキュリティポリシーの遵守に対して無関心であることが、独Aviraが9月に実施した意識調査により判明した。

同調査では、35.4%がセキュリティポリシーの存在を認識しながらも、遵守に対して無関心であると回答。さらに25.6%は、セキュリティはITシステム管理部に責任があるとして、まったく気にしておらず、これらをあわせると約6割がセキュリティポリシーに対して無関心だった。

企業のセキュリティポリシーが厳しく決まっており、企業を守るために従っていると回答した従業員は39%にとどまっている。

データセキュリティ専門家である同社のSorin Mustaca氏は、セキュリティ対策ソフトのインストール以外にも、対策を講じる必要があると指摘。

同氏は、打ち合わせなどでセキュリティへ配慮することの重要性を取り上げるなど、積極的に啓発していく必要があるとして企業へ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
NTTドコモ、パーソナルデータ憲章を策定 - プラポリ再編も