Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LinuxからMac OS Xに移植された「バックドア」見つかる

Mac OS Xに感染するトロイの木馬「OSX/Tsunami」が見つかった。登場からすぐに亜種も発生している。

同マルウェアは、特定のIRCサーバのチャンネルへアクセスし、命令を待つバックドア型のトロイの木馬。ESETが確認したもので、2002年に登場したLinux向けのマルウェア「Linux/Tsunami」が、Mac向けに移植されたものだと見られている。

感染するとバックドアを開いてボット化し、DDoS攻撃の踏み台に利用されるほか、ファイルをダウンロードし、アップデートや他マルウェアのインストールを行われたり、リモートからのコードを実行されるおそれがある。

すでに制御機能やアクセス先のIRCサーバを更新した新しい亜種が確認されている。動作環境も当初はIntel 64ビット環境のみ対応していたが、あらたに32ビット環境やPowerPCをサポートするなど進化している。

英Sophosは、Mac向けのマルウェアはWindowsに比べ数が少ないため、大きく報じられることがあるが、「OSX/Tsunami」のリスクは低いと説明。感染報告なども受けてはいないと説明している。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート
Ciscoのコラボレーションツールに深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に情報漏洩のおそれ - アップデートで修正
Chromeがアップデート、セキュリティ関連で8件修正
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性