Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AVTOKYO2011が11月に開催 - 「標的型攻撃」など話題のテーマをプレゼン

情報セキュリティイベント「AVTOKYO2011」が、東京渋谷で11月12日に開催される。

同イベントは、セキュリティコミュニティ「AVTOKYO」が主催するセキュリティカンファレンス。2008年より開催されており2011年で4回目を迎える。

国内外のゲストスピーカーによる「標的型攻撃」「APT」「サイバー犯罪」「Android」「Facebook」「SQLインジェクション」といったテーマのプレゼンテーションのほか、パネルディスカッションや研究発表なども予定されている。

会場は「クラブアクシス渋谷」。同イベントでは参加登録を受け付けており、参加費は前売りが5000円、当日8000円。またベンダーフリーの立場で開催し、参加費抑えることを目的に、個人スポンサープログラムを開始しており、登録を募集している。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加