Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約サイトの更新作業ミスで顧客情報が他社ホテルに - ビジネスホテル会社

関東近郊でビジネスホテルを運営するホテルマークワンは、予約データ3件が、他社のホテル124店に流出したことを明らかにした。

10月12日に、同社予約サイトの運営を委託しているナバックにおいてサイトのバージョンアップ作業中に操作ミスがあり、つくば研究学園店を予約した顧客3件の情報が他社ホテル124店に流出したという。

対象となる顧客や流出先のホテルから指摘を受けて判明したもので、プログラムを修正し、流出先に情報の削除を依頼するとともに、顧客への説明と謝罪を行った。

同社では予約サイトを休止。ナバックが監督官庁へ事態を報告し、同社より再発防止策の提出が完了次第、再開するとしている。

(Security NEXT - 2011/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
新型コロナで講演会中止、案内メールを送信ミス - 台東区
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
ドラマエキストラ応募者への連絡メールで誤送信 - TBS