Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Imperva Japan、WAFをネット経由で提供 - DDoS対策サービスも用意

Imperva Japanは、クラウド型セキュリティサービス「Imperva Cloud WAF」「Imperva Cloud DDos Protection」の提供を開始した。

両サービスは、ハードウェアやソフトウェア、ウェブサイトのコードなど変更せず、DNSの設定を変更するだけで利用できるクラウド型のセキュリティサービス。

「Imperva Cloud WAF」は、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)で、「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」「リソースへの不正アクセス」などの攻撃からウェブアプリケーションを防御する。

また独自のコンテンツキャッシング技術を搭載。ページのロード時間の短縮や、サーバや帯域消費の提言が可能。WAFの導入が求められるPCI DSS準拠などに活用できる。

一方、「Imperva Cloud DDos Protection」は、DDoS攻撃対策に特化したクラウドサービス。ネットワークに対する攻撃はもちろん、アプリケーションを狙ったDDoS攻撃の防御にも対応している。

「Imperva Cloud WAF」では、帯域幅や対応するウェブサイト数が異なる3タイプを用意。「Imperva Cloud DDos Protection Service」では、帯域幅や最大限度が異なる4タイプを提供する。

(Security NEXT - 2011/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
ウェブアプリに対する「Apache Log4j」の無償診断を期間限定提供 - ラック
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure