Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNS上の実名公開、徐々に薄れる抵抗感 - 職場や学校のルール策定進まず

ソーシャルメディア上における個人情報の公開に対し、約6割のユーザーが抵抗感を感じていることがわかった。依然過半数を上回るものの、約10カ月で3割減となり意識が大きく変化している。

アップデイトが運営するMMD研究所が、リサーチ協賛メディアや同研究所登録会員を対象にインターネット上で実施した「ソーシャルメディアの利用に関する意識調査」により判明したもの。調査は9月7日に実施し、有効回答数は620。

同調査によれば、「Facebook」「Twitter」「mixi」「ブログ」などSNS上で本名を公開することに対し、62.1%が「抵抗がある」と回答した。

依然として過半数を上回るユーザーが抵抗感を感じているものの、2010年11月に実施した調査では、同様の質問に89.1%が抵抗感を感じていると回答しており、約10カ月で27ポイント減少する結果となった。

また職場や学校などにおけるソーシャルメディアの利用ルールについて尋ねたところ、「ルールがある」とする回答は22.1%にとどまっている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査