Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター for Mac」の修正モジュールが公開 - 一部Lion環境での不具合に対応

トレンドマイクロは、「Mac OS X 10.7 Lion」を利用する一部ユーザーの環境で、セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター for Mac」に不具合が生じるケースがあるとして、修正モジュールを公開した。

同社では、7月に「Mac OS X 10.7 Lion」がリリースされたことを受けてアップデータを公開したが、適用後も一部ユーザーにおいて不正終了する問題が発生し、同社へ問い合わせが寄せられていた。

同社サポートでは、状況に応じて修正モジュール「ウイルスバスター for Mac 1.6 HotFix(iCore 1.1 ビルド 2048)」を個別に案内することで対応してきたが、同モジュールを9月12日夜にサイト上で公開した。

同モジュールは、手動で適用する必要があり、同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。また適用により別の不具合が生じる可能性もあるとしており、適用後も不具合が生じるようであれば、サポートまで連絡するよう同社ではアナウンスしている。

法人向けに提供している「Trend Micro Security for Mac」については、7月に「Trend Micro Security (for Mac) 1.5 Service Pack 3 (Build_6016) 」を公開し、Mac OS X 10.7 Lionへ対応しているが、一部不正終了するケースがあるとし、不具合が生じた場合は、法人向け製品の問い合わせ窓口にて対応している。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
Google、「Chrome 109」をリリース - 複数の脆弱性を修正
「Zoom Rooms」のクライアントに複数脆弱性 - アップデートで修正
「Samba」にセキュリティアップデート - 4件の脆弱性を解消
Apple、macOS向けにアップデート - 複数脆弱性を修正
Veeamバックアップ製品の既知脆弱性狙う攻撃ツールが流通か