Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android端末のセキュリティ対策ソフト導入率は3割弱 - 不安感じるユーザーは半数超

Android端末を利用するユーザーの半数以上がセキュリティ上の不安を感じつつも、セキュリティ対策ソフトの導入が進んでいないことがMM総研の調査でわかった。

同社がスマートフォン利用者2000人を対象にモニターアンケートを実施したもの。セキュリティの心配や不安について尋ねたところ、53.8%が「セキュリティの不安や心配がある」と回答。「セキュリティの不安や心配がない(17.8%)」との回答を大きく上回った。

その一方で、セキュリティ対策ソフトの導入が遅れている。セキュリティ対策のため有料アプリを利用しているユーザーはわずか4.2%にとどまり、無料アプリのユーザー23.6%をあわせても、27.8%と3割に及ばなかった。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
Android向け「AWS SDK」に脆弱性 - アップデートを
「Zoom Rooms」のクライアントに複数脆弱性 - アップデートで修正
「LINE」のKeep機能に不具合 - 特定条件下で別アカウントより閲覧可能に
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ