Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年上半期の新種マルウェアは1200万件 - 年間2000万件に達する可能性も

マカフィーは、2011年上半期のマルウェア活動が過去最悪となり、前年同期と比較して22%増となる約1200万件を検出したことをあきらかにした。

同社が、2011年第2四半期における脅威の状況を取りまとめたもの。2011年中に発生するあらたなマルウェアは2000万件にのぼり、7500万件に到達する可能性もあると同社では予測を示した。

攻撃手法としては、マルウェアをルートキットに隠す手法が目立っている。2011年上半期に検出された「ステルスマルウェア」は前年同期から38%上昇し、「Koutodoor」「TDSS」が活発だった。

同社シニアバイスプレジデントのVincent Weafer氏は、ステルスマルウェアが組織に侵入し、長時間にわたり被害に気がつかないケースがあると危険性を指摘している。

またはじめて偽セキュリティ対策ソフトが検出されるなど、利用が進むMac OS Xが攻撃対象となりつつあるとして、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
2月下旬より「Emotet」のC2通信急増 - 平日多く、週末に低下
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増