Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、「SSLマネージドサービス」をリニューアル - 事前入金が不要に

GMOグローバルサインは、電子証明書の管理サービス「SSLマネージドサービス」のリニューアルを実施した。

同サービスは、事前に企業認証審査やドメイン登録の手続きを済ませておくことにより、必要に応じてSSLサーバ証明書を即時発行できるサービス。

今回のリニューアルにより、単一アカウントで複数のプロファイル管理に対応。子会社や関連会社など、SSLの記載内容を変更する必要がある場合でも、それぞれアカウントを用意せずに管理できるようになった。

また従来はサービスの利用にあたり、一定の金額を事前に入金する必要があったが、利用者の声に応え、事前入金がなくても利用できるようサービスを変更した。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE