Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性体験学習ツール「AppGoat」のセミナーを開催

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の発見方法、対策について学べるツール「AppGoat」のハンズオンセミナーを、9月14日に同機構にて開催する。

同イベントは、組織のウェブサイト運営者を対象に実施するもので、ツールを利用して脆弱性のしくみや対策方法を学習できるハンズオンセミナー。

特にセキュリティ研修の担当者や、経験の浅いウェブアプリケーション開発者を対象としており、ウェブアプリケーションにおける被害事例などの解説をまじえた初級者でも理解しやすい内容になっている。

参加費用は1500円で、定員は30人。先着順で定員になり次第締め切る。

(Security NEXT - 2011/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス