Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報関連の事故2件を公表 - 相鉄不動産販売

相鉄不動産販売は、7月に発生した顧客情報の紛失、および誤送付について公表した。

同社によれば、7月17日に不動産仲介店舗において、顧客2人の氏名、住所、連絡先、売買物件所在地および価格などが記載された不動産売買契約関係書類の写しを紛失した。

また同月23日には、マンションの契約者2人に対し、氏名、購入住戸番号、借入予定金融機関名、借入予定額が記載された書類を取り違えて送付するミスが発生した。

悪用などは確認されておらず、いずれも同社従業員が訪問のうえ、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券