Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSで位置情報返信するAndroidアプリ - セキュリティ上問題あるとしてマカフィーが対応

マカフィーは、Android端末の位置情報を外部へ知らせる「SMS Spy」を不審プログラムとして定義ファイルへ追加したことを明らかにした。

SMS Spy
「SMS Spy」が求める動作許可

「SMS Spy」は「Android Market」で配布されているアプリ。同社によれば、同アプリをインストールすると、バックグラウンドで動作し、特定のメッセージをSMSを受信した場合に、GPSなどで取得した位置情報を返信するという。

すでに数万件がインストールされており、一部ユーザーは、家族や恋人の居場所を把握するために用いているとレビューを行っている。8月16日の時点で、5点満点中「3.6」の評価を得ており、高評価を行っているユーザーも少なくない。

同社では同アプリについて、特定のメッセージを変更できず、外部の誰でも位置情報を取得することができると問題点を指摘。

セキュリティ上の不安があることから、広義のスパイウェアが分類される「不審なプログラム(PUP)」に指定し、定義ファイルで「Potentially Unwanted Program AND/Spyware-SMSSpy」として対応した。

(Security NEXT - 2011/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
トレンドマイクロのWindows向けパスワード管理製品に脆弱性
「Firefox」や「Thunderbird」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「BIG-IP」などF5の複数製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も