Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSで位置情報返信するAndroidアプリ - セキュリティ上問題あるとしてマカフィーが対応

マカフィーは、Android端末の位置情報を外部へ知らせる「SMS Spy」を不審プログラムとして定義ファイルへ追加したことを明らかにした。

SMS Spy
「SMS Spy」が求める動作許可

「SMS Spy」は「Android Market」で配布されているアプリ。同社によれば、同アプリをインストールすると、バックグラウンドで動作し、特定のメッセージをSMSを受信した場合に、GPSなどで取得した位置情報を返信するという。

すでに数万件がインストールされており、一部ユーザーは、家族や恋人の居場所を把握するために用いているとレビューを行っている。8月16日の時点で、5点満点中「3.6」の評価を得ており、高評価を行っているユーザーも少なくない。

同社では同アプリについて、特定のメッセージを変更できず、外部の誰でも位置情報を取得することができると問題点を指摘。

セキュリティ上の不安があることから、広義のスパイウェアが分類される「不審なプログラム(PUP)」に指定し、定義ファイルで「Potentially Unwanted Program AND/Spyware-SMSSpy」として対応した。

(Security NEXT - 2011/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応