Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公金納付書500枚などの紛失が判明 - 京都銀

京都銀行は、公金の納付書など一部資料が所在不明になっていると発表した。7月に実施した自主点検により判明したもので、情報が不正に利用などは確認されていないという。

所在不明となっているのは、西舞鶴支店において2006年8月から12月までに取り扱った舞鶴市公金納付書の金融機関控え。約500件の顧客情報が記録されていた。

また2007年に出町支店や瀬田支店で扱った京都府病院事業収納書の控え4枚についても紛失しており、顧客情報3件が含まれる。

同行では、今回の紛失について誤廃棄が原因である可能性が高く、外部へ流出した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2011/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性