Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、従来対策では防御難しい「APT」の対策手引書を公開 - 情報の「出口対策」など解説

情報処理推進機構(IPA)は、複数の攻撃を組み合わせて組織を執拗に狙うため、従来対策では防御が難しい「新しいタイプの攻撃(APT)」が発生していることから、防御方法など説明する手引書を取りまとめ、公開した。

『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド
『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた
設計・運用ガイド

同機構では、ソフトウェアの脆弱性利用し、複数の既存攻撃を組合せ、ソーシャルエンジニアリングにより特定組織を狙う攻撃について「新しいタイプの攻撃」と定義。

こうした攻撃は、「APT(Advanced Persistent Threat)」などとも呼ばれることがあり、海外では政府機関や重要インフラ、大手企業などで実際に被害が発生していることから、同機構主催の「脅威と対策研究会」が対策方法について「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」として取りまとめた。

同資料では、従来対策で防御できないしくみや、知的財産や個人情報などを流出させないための「出口対策」などを紹介。経営層、対策プロジェクトの管理者、設計者など対象者を分け、攻撃の内容や考え方、対策方法など解説している。

(Security NEXT - 2011/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「SECCON CTF」、3年ぶりにリアル開催
NVIDIAのDPDKに脆弱性 - 複数のCisco製品にも影響
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に