Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、Flash Playerに見せかけてMac狙うトロイの木馬を確認

logofs1.jpg

F-Secureは、Adobe Flash Playerのインストーラを装ったMac向けトロイの木馬「Trojan:BASH/QHost.WB」を発見したことを明らかにした。

同ウイルスは、「FlashPlayer.pkg」に見せかけて出回っているもので、誤ってインストールを行って感染した場合、HOSTファイルを改ざんされ、GoogleへアクセスするとオランダのIPが発信元の偽サイトに誘導されるという。

転送先は一見Googleに見える偽サイトで、検索結果などもGoogleをまねて作成されていた。同社が確認した時点では具体的な攻撃は行われていなかったが、リンクをクリックすると、ポップアップページが開かれ、別のサーバへアクセスするよう仕組まれていたという。

(Security NEXT - 2011/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
「macOS Monterey 12.6」「Big Sur 11.7」が公開、ゼロデイ脆弱性に対処
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
「Chrome」にゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 「MS Edge」にも新版
Apple、「iOS 12.5.6」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「Chrome 105」がリリースに - 深刻な脆弱性などを解消
米CISA、悪用済み脆弱性リストに10件追加 - 早急に対処を
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
Apple、ゼロデイ脆弱性を解消した「Safari 15.6.1」を公開