Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン出荷台数が急拡大、2011年度は2131万台となる見通し

スマートフォン市場が急激に拡大している。2011年度には、2131万台の出荷が予想されている。

調査を行った矢野経済研究所によれば、国内スマートフォン出荷台数は、2009年度が217万5000台だったのに対し、2010年度は、前年度比391.2%となる850万8000台へと急激に拡大した。同社では環境整備進み、さらに年末以降の新製品導入が後押ししたと分析している。

2011年度は伸び率が鈍化するものの、出荷台数は主力端末として今後も増加する見込みで、同社では2011年度の国内移動体通信端末出荷台数の過半数がスマートフォンとなると予測。出荷台数は2131万台に達する見通しだという。

ワールドワイドでも、国内ほどの増加率ではないものの、堅調に推移すると予測しており、2010年の出荷台数は2億9593万6000台だったが、2011年には4億8374万3000台になると予測している。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加