Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少

2022年第4四半期に情報処理推進機構(IPA)へ届け出があった脆弱性は、ソフトウェア製品、ウェブサイトのいずれも前四半期から減少した。

同機構では、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」のもと、脆弱性について届け出を受け付けており、2022年第4四半期の状況を取りまとめたもの。

同四半期は161件の脆弱性に関する届け出があり、前四半期の215件から54件減少した。1就業日あたりの届け出件数は3.97件。

ソフトウェア製品に関する脆弱性が78件で前四半期から43件減。ウェブサイト関連は83件で前四半期比11件減となった。受け付けを開始した2004年以降の累計件数は全体で1万7845件。内訳を見るとソフトウェア製品が5357件、ウェブサイト関連が1万2488件となっており、ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占める。

脆弱性の届け出があったソフトウェア製品の内訳を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が22件でもっとも多く、次いで「スマートフォン向けアプリ(12件)」で続いた。

20230123_ip_001.jpg
脆弱性の届出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2023/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発