Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の届出が大幅増 - ウェブサイト関連は前四半期比2.2倍に

2023年第4四半期は、情報処理推進機構(IPA)へ310件の脆弱性について届け出が寄せられた。ソフトウェアとウェブサイトともに前四半期を上回っており、特にウェブサイトは目立って増加している。

同機構では、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」のもと、脆弱性に関する届け出を受け付けており、2023年第4四半期の状況を取りまとめたもの。同四半期には310件の届け出があった。前四半期の158件からほぼ倍増している。1就業日あたりの届け出件数は3.93件だった。

ソフトウェア製品に関する脆弱性は85件。前四半期の54件から31件増加した。一方ウェブサイト関連の脆弱性は225件。前四半期の104件から約2.2倍へと増加している。

受け付けを開始した2004年以降の累計件数は全体で1万8663件。内訳を見ると、ウェブサイト関連が1万2993件で全体の約7割を占める。ソフトウェア製品は5670件。

同四半期に脆弱性の届け出が行われたソフトウェア製品の種類を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が40件でもっとも多く、「スマートフォン向けアプリ」が9件で続いた。

20240122_ip_001.jpg
脆弱性届け出件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2024/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応