Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3Qの脆弱性届け出、ウェブサイト関連が増加

2023年第3四半期に情報処理推進機構(IPA)へ届け出があった脆弱性は159件だった。ソフトウェアに関する届け出が減少する一方、ウェブサイト関連の届け出が増加している。

同機構では、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」のもと、脆弱性に関する届け出を受け付けており、2023年第3四半期の状況を取りまとめたもの。同四半期は159件の届け出があった。前四半期の170件から11件減少している。1就業日あたりの届け出件数は3.92件。

ソフトウェア製品に関する脆弱性は55件。前四半期の84件から29件減となった。一方ウェブサイト関連の脆弱性は104件で、前四半期の86件を18件上回っている。

受け付けを開始した2004年以降の累計件数は全体で1万8354件。内訳を見ると約7割にあたる1万2768件がウェブサイト関連の脆弱性。ソフトウェア製品の脆弱性は5586件となっている。

同四半期に脆弱性の届け出が行われたソフトウェア製品の種類を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が25件でもっとも多く、「スマートフォン向けアプリ」が6件で続いている。

(Security NEXT - 2023/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市