Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

依然オートラン悪用マルウェアが検出数上位 - 感染数減少報告と格差

同社は検出数と感染数の違いをサッカーにたとえ、「シュート」と「ゴール」の違いと説明。依然としてマルウェアが蔓延している状態であることに注意を呼びかけている。

ランキング下位も小幅な動きにとどまった。前回、17位から5位に浮上した「HTML/StartPage.NAE」は、8位とわずかに順位を下げた。

また、「HTML/ScrInject.B」が11位から9位に順位を上げた。これはマルウェアサイトへリダイレクトする難読化されたスクリプト、またはiframeタグを含むHTMLファイルの検出名。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/Conficker
3位:Win32/Sality
4位:Win32/PSW.OnLineGames
5位:Win32/Autoit
6位:HTML/Iframe.B.Gen
7位:Win32/Bflient.K
8位:HTML/StartPage.NAE
9位:HTML/ScrInject.B
10位:Win32/Autorun

(Security NEXT - 2011/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査