Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BINDに深刻度「高」の脆弱性 - 不正パケットでサービス停止のおそれ

DNSサーバ「BIND」にサービス停止の脆弱性が存在しているとして、Internet Systems Consortium(ISC)をはじめ、関係機関が注意を呼びかけている。

110707is1.jpg
深刻度「高」としてISCが注意喚起

BINDが、細工したパケットを受信することで異常終了する脆弱性「CVE-2011-2464」が判明したもの。権威サーバ、キャッシュサーバいずれも影響があり、サービス停止の障害を引き起こす可能性がある。

脆弱性が含まれているのは、「BIND 9.8.x」「同9.7.x」「同9.6.x」。ISCでは、現時点で脆弱性を悪用するツールなどを確認していない。設定による回避策はなく、アップグレードを推奨している。

また「BIND 9.8.x」の一部バージョンには、RPZ機能に脆弱性「CVE-2011-2465」が含まれていることも明らかになっている。

ISCをはじめ、日本レジストリサービス、情報処理推進機構(IPA)をはじめとするセキュリティ関連機関、Linuxディストリビューターなど注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消