Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチプラットフォームのバックドアが発生 - Dr.Webが注意喚起

Intel搭載Macで動作するバックドア「BackDoor.Olyx」を発見したとして、Doctor Web Pacificが注意を喚起した。

同マルウェアは、感染すると外部から命令を受けるバックドア。同社によれば、従来Mac上で動作するバックドアは「BackDoor.DarkHole」しか確認されていなかったが、脅威をあらたに観測し、定義ファイルに追加したという。

「Mac」と「Windows」それぞれの環境で動作するバージョンが用意されていたことが特徴で、感染すると、シェル内の様々なコマンドを実行され、外部からファイルの作成や転送、リネーム、削除といった操作が行われるおそれがある。

(Security NEXT - 2011/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート
Ciscoのコラボレーションツールに深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に情報漏洩のおそれ - アップデートで修正
Chromeがアップデート、セキュリティ関連で8件修正
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性