Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニックウォール、RFDPIと搭載した大規模ネットワーク向けFWを発売

ソニックウォールは、大規模ネットワーク向けの次世代ファイアウォール製品「SuperMassive E10100」を7月から販売する。

SuperMassive E10100
SuperMassive E10100

同製品は、12コアを搭載し、最大96コアまで拡張できる大規模ネットワーク向けファイアウォール製品。

パケットを再構築することなしに検査できる技術「リアセンブリーフリーディープパケットインスペクション(RFDPI)」エンジンを搭載しており、アプリケーションの制御をはじめ、IPS、マルウェア対策機能を提供する。

10Gビット、1GビットのEthernetインタフェースそれぞれ6ポート、16ポートを搭載しており、最大コネクション数は150万。ファイアウォールでは5Gbps、アプリケーションコントロールでは4Gbps、マルウェア対策では2Gbpsのスループットを実現している。

価格は、オープンプライス。E10200へのアップグレードパスが用意されている。

(Security NEXT - 2011/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5