Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務用モバイルデバイスの63%が私的に利用 - 4割が紛失や盗難を経験

マカフィーは、企業におけるモバイルデバイスの利用実態を取りまとめた。従業員の半数がデバイスに個人情報を保存しており、3割が業務上の機密情報を保存していることがわかった。

同調査は、同社の委託によりカーネギーメロン大学が実施したもので、日本を含む世界14カ国における従業員100人以上の企業で、意思決定権を持つIT担当者とモバイルデバイスのエンドユーザー1500人以上を対象に調べた。

調査結果によると、職場において業務とプライベートの両面からモバイルデバイスを利用するユーザーが増えている。

業務と個人利用の併用が最も多いのはノートPC(72%)で。次いでスマートフォン(48%)、リムーバブルメディア(46%)、外付けハードディスク(33%)、ネットブック(19%)、タブレット端末(10%)となった。

(Security NEXT - 2011/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認