Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

白衣ごと洗濯に出して個人情報を紛失 - 豊田厚生病院

豊田厚生病院において、患者の個人情報や検査データ50件が保存された外部記憶媒体が所在不明となっている。

職員が記憶媒体を紛失したもので、栄養指導患者および「糖尿病・腎臓病教室」の参加者など50人の氏名、連絡先、ID、検査データ、指示カロリーなどのデータが保存されていた。

4月14日、職員が記憶媒体を白衣のポケットに入れたまま業者へ洗濯に出し、16日に紛失に気付いたが、発見できなかった。同院では、対象となる患者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
患者情報を別の連携医療機関へ誤送付 - 藤田医科大病院
技師が院内で患者情報含むメモを紛失 - 国東市民病院
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
修理依頼の過程で電子カルテ端末が所在不明に - 病院と業者でわかれる見解
アンケート回答を第三者にメールで誤送信 - 北里研究所病院
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県